お知らせ

NEWS
一般社団法人日本ゆめ教育協会 > ニュース > イベント・活動報告 > 2016チャレンジキャンプin東京開催しました

2016チャレンジキャンプin東京開催しました


【2016チャレンジキャンプin東京】
2016年7月29日~31日、町田市の大地沢青少年センターでチャレンジキャンプを開催しました。
このキャンプのテーマは「チャレンジ」。
リピーターや高学年が多かったこともあり、今回は、楽しむ側から楽しませる側へのチャレンジをひとつのテーマにしました。

初日は、コミュニケーションゲーム、テント設営の後、二日目のプログラムと夕食のメニューを考えるワクワク企画ミーティング。テーマは「みんなが楽しんでくれること」。
結果的に、プログラムチーム2つ、キッチンチーム1つで企画を練りこみました。
その後、その企画チーム対抗でカレーコンテスト、ナイトハイクと展開し初日終了。

二日目は、いよいよ子どもたちによる一日のスタート。
5時頃、プログラムチームがハイキングコースの下見のために活動を開始。町田市最高峰の草戸山を経由する一周90分くらいのコースへ出発、途中のチェックポイントの問題や人員配置を決めて戻ってきました。

その間に、残りの子たちと朝ごはんのパンケーキと昼食のおにぎりを作り、全員揃って朝食。

午前中のワクワク企画は、課題解決ハイキング。各ポイントで課題を解きながらゴールを目指す、完成度の高いプログラムになりました。
午後は、ストーンペイントをしたものを川に隠し発見し合う、カモフラージュのネイチャーゲームのようなもので、こちらも面白い企画になりました。
夜ご飯は、パスタ、サラダ、スープ、ハンバーグ、サンドイッチなど食べたいものをバイキング形式で展開、見事完食でこちらもGOOD!でした。

夜のキャンプファイヤーでは、各自が役割を担い、点火、開会の挨拶、ゲームと子どもたちの主体的な動きで運営された一日でした。

最終日は、片付け、クラフト、本格ピザ釜での手づくりピザを堪能しキャンプ終了となりました。

今回のキャンプで感じたことは、提供されるプログラムに参加する楽しみとプログラムを提供し誰かに喜んでもらう楽しみがあり、この後者の楽しみに早い段階から気づくことは、これからの人生において大事なのではないかという点です。

きっと、夢も同じで、自己満足型の視点から誰かのために、世の中のためにと俯瞰した視点になったとき、さらにその夢へのコミットが高まるように思います。

これからも、このような機会をたくさん提供できるよう、様々なことにチャレンジしていきたいと思います。

最後に、参加してくれた子どもたち、お子さんたちを参加させてくださった保護者の皆さん、忙しい中時間を作ってキャンプ運営のサポートをしてくださったスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

DSC02276