日本の夢教育ニュース

COLUMN
一般社団法人日本ゆめ教育協会 > コラム > おすすめ映画 vol.4 『ピンポン』

おすすめ映画 vol.4 『ピンポン』


「アイ・キャン・フラーーーイ!」

卓球をこよなく愛し、勝つことへの絶対的な自信を持ちながら、天真爛漫で気分屋でおかっぱ頭のペコと、常に彼の背後に隠れ、「所詮、卓球は死ぬまでの暇潰し」と公言するクールで笑わないスマイル。幼なじみのこの二人が送るスポーツ青春映画。

同じ片瀬高校の卓球部員である二人は、夏のインターハイ地区予選大会で2人とも敗れてしまいます。

すっかりやる気をなくし挫折のどん底にいたペコですが、アクマの発言をきっかけに吹っ切れ、再び立ち上がります。そして復活の儀式として橋から飛び降りるのですが、そのシーンで叫ぶ冒頭のセリフが鳥肌モノです。

それから始まる卓球場の主人「オババ」との猛特訓も「まさにこれこそ青春だ!」と言わんばかりに胸が熱くなるシチュエーション。同じくスマイルもコーチの元、才能を開花し始め卓球に対しても徐々に進撃になっていき、生まれ変わった二人は再び2年目の夏の大会へ出場し、熱い火花を散らすのです。

ペコとスマイル。一見正反対の2人が「卓球」を通して表す友情や絆、青春をかけたスポ根魂、そしてどん底からの復活劇、他にも卓越したCG技術や爽快感抜群の音楽、魅力たっぷりの脇役達、といった心に響く多くの要素が詰まった作品です。

脚本は朝ドラ「あまちゃん」を手掛けた宮藤官九郎。そして主人公ペコを演じる窪塚洋介を筆頭に竹中直人、中村獅童、ドラマ「リッチマン・プアウーマン」に出演したARATAなど、個性派キャストも勢ぞろいです。

「反応、反射、音速、高速、もっと速く、もっと!」